2016/12/21.Wed

猫の甲状腺機能亢進症

リンの血液検査の結果が出て病院から電話がかかってきた。12/19
リンちゃん、甲状腺機能亢進症だそうです。
以下先生が電話で伝えてくれたものを書き留めたもの。

普通0.3~0.6のところ、1.55あった。
甲状腺が腫れる病気、腫瘍化する場合もあるが
悪性化することは少ない。
この病気は簡単に言うと(甲状腺ホルモンの)代謝が良くなり過ぎて、常に活動状態。
この状態が続くと、ホルモンが出続けてしまい、体力消耗して体がボロボロになる。
なので抑えてあげないといけない。
体重減少はこれが原因。

治療の方法は3択:手術・薬・放射線
手術・・・これは非常に難しい手術になるのでまずは内科的治療から始めましょう。
ホルモン分泌を抑える薬を飲ませます。
治らない病気なので薬は一生です・・・。
1カ月飲ませてみて、体重を測定し、減っていなければその薬。
減っていれば薬のレベルを上げる・・・。
薬は錠剤のみ。

ってことでした。
錠剤をのますなんて、ハードル高すぎる・・・。
うちはウエット食べないので、混ぜてごまかすこともできない。
どーすれば・・・
緑膿菌の薬と併用可。
でも鼻水でなければ飲まさなくてもいいって。
飼い主、ショックでオロオロしてる。

もともと痩せ気味のリンちゃんなので、これ以上痩せたら瞬く間に体力がなくなってしまうから
これからは気を引き締めて、痩せさせないようにしないと・。
ご飯も見直しして・・・いろいろ考えないといけないことが山積みに・・・。
お仕事が結構ハードで残業ありなので考えないとなー
気になってしょうがないし。

この病気のお勉強をしなくてはとネットでチラチラ見てたら
症状の一つとして嘔吐があった。
リンの嘔吐が増えてたのはご飯のせいかと思ったが、これのせいだった可能性もあるね。
メディファスさんのせいにしてごめん!

気になったのが数値。
しっかり聞いてなかったのか、微妙に違う。
何の数値かも聞いていない。
数値のコピーもらうべきだった。
次に行ったときにお願しよう。
病院遠いから簡単に行けないし。

文献いろいろ調べてみたけど、うーーーん。
+++++++++
文献①
猫の安静時のT4の正常値

正常値 0.5-2.0mg/dl
異常値 5.0mg/dl以上
限界値 2.0-5.0mg/dl
++++++++++
文献②
検査機関によって一部基準は異なりますが…正常値は0.2~3.0μg/dLですので、

5.0μg/dL以上で確定診断。

4.0~5.0μg/dLはほぼ診断的ですが他所見と併せて診断。

3.0~4.0g/dLはグレーゾーン。測定し直しor fT4の測定。

3.0μg/dL以下は正常。

こんな感じです。

+++++++++
なんか当てはまらなくて・・・。
セカンドオピニオン聞きに行くべきか悩む。

出された薬・・・
人間用のみたいです。
人でも1日1錠じゃないの?(もう少しよく調べる必要ありなんだが・・・)
なのに猫にも1日1錠ってキツクない?
半分に割って2回に分けるんだけど・・・。
疑問に思うからまだ飲ませていない。
どーしよう・・・・。
メルカゾール
だるさとかのどの痛みとか訴えられへんやん・・・。
まあ、ぐったりしてたら当てはまるんやろうけど・・・。
病気について勉強勉強・・・・
スポンサーサイト
甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(5)
Comment
No title
ご心配ですね...
うちのばあい、体重減少っていうのとかが
当てはまらないから、この病気をチェックしたことは
あったんですが(嘔吐が多いとかで)
違うかもとは思ってます。ただ、
思ってるだけじゃだめなんですが。
ちゃんと検査してわかってよかったですけれど、
錠剤がダメだとつらいですねえ...

胃炎のときも人間用のガスター10とおなじものが
出てきたから、薬って人間のと同じのが
出ることも多いですよね。
量はどうなんだろう。電話で問い合わせたら
教えてくれる病院なんでしょうか。
ちなみにちょっと調べてみたら、やっぱり同じ
病気の場合その薬が処方されることが
多いようですが、数値が3,7で朝1錠夕1錠
飲ませていたっていう記載があったので、
病院で尋ねたら1錠っていわれるのかも。
ただ、通常2.5mg(半錠)を1日2回から開始して
効果があまり出ないようなら朝半錠、夜1錠で2週間ほど使用し、
その後効果を見て、さらに1錠1日2回増量するか、半錠1日2回に戻すか、朝半錠夜1錠の組み合わせで続けるか
という記載もありました。

溶血性貧血の副作用が起きることがあるから
その場合使用を中止という注意も出てきました。
あと、心筋症が、甲状腺機能亢進症の時に
見られることも多いので、その症状や診断が
あるようなら心臓の薬を併用したりする、
という記載もありました。
場合によっては心臓の薬も併用します。


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
めんまねえちゃん
ご心配ありがとうございます。
レスが遅くなってすみません。
この病気がわかってから、気分が落ちていたので
なかなか前に進めませんでした(泣)

鍵コメのリンク先も読ませていただきました。
いろいろ検索してみたものの、こちらのブログは見つけられなかったです。
すごく勉強になりました。
ありがとうございます。

めんまちゃんは病院難しいですよね。
ワクチンも受けてなかったですよね?確か。
血液検査でしかわからない病気、気づきにくいかもしれないけど
ねえちゃんだったら微妙な変化で気が付きそうですね。
私は見てるようで見ていないから・・・とほほー。

こちらの病気の当てはまる症状ってのはなかなか微妙な感じですね。
体重減少は事実だけど、食欲は相変わらず少食だし
活発でもない。
むずかしいなぁ~先生を信じるしかないんだけど
疑っている自分がいます。

薬は錠剤飲ませる補助用品「おくすりちょーだい」「フレーバードゥ」とかで試したけどダメでした。
唯一ジャーキーに穴をあけてそこに小さく砕いた薬を埋め込んで食べさせたのが成功。
でも薬飲んだ後がいけない・・・ご飯を食べなくなっちゃって。
においをかぐも食べない。
鼻が利かなくなっちゃってるのか・・・。
翌朝にはまたご飯は食べてくれるんだけど、朝に薬食べさすと夜食べない。
食べるものの好みも変わっちゃって・・・コチラもアテが外れて・・・。
おろおろしっぱなし。
で、今日は薬飲ませてないんですよ。
結果ご飯は食べてくれてる。しつこいけど少食です(笑)

ペットにも人間の薬を使うことがあるんですね。
知らなかったですー。だからドキドキしちゃった。
薬の事も詳しく調べて下さってありがとうございます。
私の人間1日1錠はウソですね。
どこで見たんだか・・・(笑)
ネットサーフィンしすぎてわけがわからない。
いろいろ病院に聞いてみないといけないですね・・・。
年末の忙しさと重なって、何から手を付けたらいいのか・・・トホホです。
No title
返事、気にしないでくださいね。
病気、これじゃない可能性もあるんですよね。
そうなるとセカンドオピニオンができるといいのかな。
違うのが一番いいですよね...
体重もなんでもなくても減ることもあるし、
猫の場合急ぎたべとか、色々嘔吐も
大したことはない嘔吐もあるし...
お大事に。
薬は、えーと、ビルポケットhttp://www.vets-greenies.jp/p_treats.htmlっていうのがお薬入れるタイプのフードだったかな。

私はシーバを半分に割って、そこに錠剤を
小さめにしたものを埋め込んでぎゅーっと
いれたりしました。うまくいったりいかなかったり。
ふたたびくっつけて、というのはやったことがある。
めんまねえちゃん
いろいろ心配していただきありがとうございます。
たいぶ気持ちも落ち着いてきました。
前向きに考えられるようになってきたかも?
また、2日前に体重が100g減っちゃったので
やっぱりそうなのかなと思えるようになってきた。
嘔吐も多くなってきたし。
なので飲ませいていなかった薬を再開しました。
飲んだり飲まなかったり(正確には失敗した)で安定していないんですけど。
これはあまり良くない行為なんだと思いますが。。。
無理やり飲み込ますのは、長年続く投薬なのでストレスはかけたくなくて。
シーバの中に詰め込んでくっつけるのってできるのかな?
中をほじって薬入れようとしたら、薬の方が大きくて(1/4サイズ)入らなかった。
これ以上細かくしたら粉になりそうでできませんでした。
また再挑戦はしてみようかなと思っています。
イナバの焼きミックスっていうねっちゃりソフトなおやつには薬が
きれいにおさまったんだけどリンはドライをバリバリ咬んで食べるのが好きで、
バリバリ音のしない柔らかいものが苦手みたいで出しちゃった。
ええ感じだったのに残念。
いかにしてバリバリ感を出すのかが課題です。
必ず咬みたいらしいから薬には気づいちゃうんだけど
そのまま飲み込んでくれるのを祈るのみ。
ピルポケットは興味はありますねぇー。
においと食感が気に入ってくれれば食べるんだろうけど・・・打つ手がなくなったら挑戦しまーす。
ホントにいろいろと教えてくれてありがとうございます。

管理者のみに表示