2017/01/30.Mon

リンの体調不良、その後

リンのその後の備忘録

1/20
こんなところで寝てる。
こんなところに入ったことなかったのに。
なんかおかしい。
20170120-3rin.jpg
20170120-4rin.jpg

1/21(土)
体重4.10キロ(家)
バイトリル、1日2分の1錠
飲ませたり、失敗したり、飲ませなかったり・・・
病院の言うことを聞かない不良飼い主です。
くしゃみは減るが涙がボロボロです。

また、変なところで寝てる。
人間トイレですよ。
どうも暑がりになってしまったようです。
涼しい・・・いや、寒いところを選んでいます。
でもまた風邪がひどくなったら困るので毛布かけました。
20170121-2rin.jpg
20170121-1rin.jpg

あー、何でこんなところで!?
今度は洗濯機の内蓋の上ですよ。
夏によくオカンの風呂の出待ちを洗濯機の上でしてることはあったけど
さすがに冬はナイナイ!
なのに・・・丸いカーブがいいんだろうね。
寒いだろうと毛布を掛けます!
20170121-3rin.jpg
20170121-4rin.jpg

1/22(日)
病院へ行く、体重4.15キロ
点滴と血液検査
白血球は少し減る。黄疸は平常値、貧血も回復。
バイトリルあと4日続けてと出される。
20170122-3rin.jpg

今日はましな場所で寝てる。
リビングなので暖かいから毛布はなし。
でも狭いよ・・・落ちてこないか心配。
20170122-1rin.jpg
20170122-2rin.jpg

1/23(月)
体重4.15キロ(家)
右目、涙目5日目
バイトリル4分の1錠(4分の1錠失敗)
ごはん(y/d)完全に飽きてます。
レンのご飯の皿の前でごはん待ち。
かわいそすぎる。
しっこ5
20170123-1rin.jpg
20170123-2rin.jpg
↑点滴針刺してたところ、バリカンされてる。かわいい~

1/24(火)
体重4.1キロ(家)
バイトリル粉にしてフェロビタに混ぜて食べさすが、多分4分の1くらいしか食べてなさそう。
涙目・・・ちょっと膿?目ヤニみたいなのが出てきた。
しっこ5

1/25(水)
体重4.1キロ(家)
涙目・・・膿みたいなのでてる。
食細い。今日から食べた量を測ることにする。24gぽっち。
バイトリル×
しっこ2

まだ続く・・・
スポンサーサイト
甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(7)
2017/01/25.Wed

リンくん、謎の体調不良治療3

1/18(水)
しっこの色は黄色いけどちょっと薄くなってきた。
フェロビタ1回1ml×2本を4回、ちゃんと食べさせる。
バイトリルは粉にして水で溶かして飲ませたけど、苦かったのが泡で噴出してしまった。
どれだけ吸収されたかわからない。
でも夜になってカリカリを10粒程度食べました。
フミフミもして、ちょっと元気になってきたみたいだ。

1/19(木)
病院へ行く。体重4.25キロ(病院)
しっこの色はフツーになりました。
朝からご機嫌ちゃん、フミフミしまくり。
カリカリも普通に食べた。
血液検査、抗生物質の注射。
黄疸数値はまだ通常よりは高いけど下がった。
猫SSAという検査をしてくれていたらしい。
結果は0~0.9が通常値のところ129(単位不明)もあったらしい。
ものすごい炎症が体のどこかに起こっていて、それが原因で白血球の減少、
熱が出る、黄疸が出たってことらしいのですが、肝心の炎症部位はわからない。
メルカゾール飲ませてからおかしくなったので薬の影響ももちろん考えられるが、
今までこの薬を処方して、このような状態になった子はいなかった。
でも全く可能性がないとは言い切れないので、薬を飲ませるのは危ないので、
食事療法に変えることに。
20170119-4rin.jpg
ヒルズのy/d(甲状腺機能亢進症の子の専用ご飯)
ご飯はこれしかあげられない、オヤツもダメ。
でも猫草は与えていいらしい。
よかったぁ~リンさん猫草大好きだからね。

でもごはんがヒルズのy/dのみってのは厳しいなぁ~
少食の上、選り好みが激しいからな・・・。
20170119-2rin.jpg
20170119-1rin.jpg
朝の様子↑

カラーと点滴針、外してもらえました。帰宅後↓
20170119-3rin.jpg

帰宅後、レンのごはんをパクパク、家中ウロウロ・・・そして昼寝。

くしゃみが始まる。
夕方6時ごろ起きてきてビックリ。
目腫れてる、涙ボロボロ、クシャミの連発。風邪???ひいてるやん。
すぐに病院連れて行った方がいいのかどうか、あわてて病院に電話。
「抗生物質の注射してるので今日はそのまま様子見てください。
バイトリルは飲ませてください。」ってことだった。
バイトリルは粉状にしてフェロビタに混ぜて飲ませたが、あわあわ吹きました。
苦いのねぇー。
フェロビタは甘いんだけどまぜまぜしすぎたのがいけなかったかな。
ご褒美に猫草あげると食べましたねぇ~。y/dご飯も食べました。

1/20(金)
病院へ行く。体重4.10キロ(病院)やばすぎる。
朝はy/dごはん食べる。
目の腫れは若干おさまっているような、でも一喜一憂です。
すぐに腫れたりひいたり繰り返してます。結膜炎ですね・・・と。
多分風邪。
ずっと弱った状態だったし、寒いところでこっそり寝てることが多かったので可能性あり。
ただ鼻水は昨日のサラサラ透明より、ズルズルと粘着系になってきた。
点滴してもらって帰宅。
ちょびっとごはん食べて寒いクローゼットの中で夕寝中。
今日は先生うんざりした表情だった。
また来たんかい?って感じなのかな。
熱は測ってないけど、多分あるでしょうとのことだった。
状態が悪いわりに元気はあって、看護師さんにつかまえられていても暴れる暴れる(笑)
でも帰宅後は涙ボロボロ、鼻水ズルズルでかわいそうな状態で
バイトリルは飲ませられなかった。
お目目ぐじゅぐじゅで開けられません。
20170120-2rin.jpg

入院以来、病院にお支払してません。
入院費計算できてないらしく、計算できたらお知らせしますってことで、
まとめてのお支払いになりそうです。
いくらになるのか恐いんですけど。ってか信用社会ですね。

ひとまずここまでです。
危機的情況は今のところ脱した感じです。
ただ行動が変な事、元気いっぱいって感じではないこと、いろいろありますが・・・。
目の状態がひどくって毎日心配です。
また明日病院に連れて行くので血液検査の状態がどうなっているのか
恐ろしいですが・・・。

ヒルズのy/dごはんもはじめは珍しいから食べてたけど、昨日あたりから飽きてきたのか
あまり食べなくなっちゃって。
いっぱい食べないと消耗して痩せていくばかりなのに・・・。
毎日心配が尽きないことだらけで・・・。
痩せさせないためにも他のごはんたっぷり食べさせてあげたい。
でも他のごはんあげることになったら、また薬飲ませないといけないし。
もう副作用が恐いから薬は飲ませたくありません。
甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(3)
2017/01/23.Mon

リンくん、謎の体調不良治療2

1/14(土)
薬ストップ。体重測れず。
丸1日ごはん食べず、寝たっきり。
むくみはおさまってきた。
眼力はあるので深刻な状態ではなさそうなのだが、体が熱いので熱があるっぽい。
無理やり水だけはスポイドで飲ます。
明日は病院行きだな・・・。

1/15(日)
病院へ行く。体重4.25キロ(病院)
朝ごはん食べない。水は少し飲んだ。
昨日寝たっきりだったから脚力が弱まり、テーブル乗るのも滑り、着地も滑って失敗。
あっという間に弱ってしまった。
昨日食べてないから体重も減った。
熱ありました。41度(人間でいう38度)。
私もしょっちゅう熱出してたのでしんどさはよくわかる。
ごはんも食べれないのもわかる。
ポカリ飲んでひたすら寝るのがいい。

正直に薬ストップしたことを報告。
先生曰く、1/6(金)に顔がむくんでて、でもそれ以降来ないから改善したのかと思ったと。。。
またむくんだら行かなきゃならなかったみたい。
私は耳ブルブルがおさまったからもういいのかなと思ったんだけど、違ったみたい。すんません。
薬やめたのでしっこは減った。
腎臓と甲状腺の薬の影響は調べてみないとわからない・・・ってことで血液検査。
腎臓・肝臓、問題ない。
ただ白血球がない!!!
体のどこかに炎症があってすべての白血球が使われてしまい熱が出た。
黄疸も出てるが、溶血性貧血の問題はない。
原因がわからない。
薬ストップOK。
明日も連れてきて。
ごはん食べていないので今日は皮下点滴と熱を下げる薬、黄疸がらみの薬の注射。

解熱剤のおかげで熱が下がったからか、帰宅後ごはん少しだけ食べる。
水は飲んだり飲ませたり。
あとはずっと寝てました。
しっこの色が黄色く・緑っぽくなってきました。
20170115-shixtuko.jpg

1/16(月)
病院へ行く。体重4.25(病院)
この日はあいにくの雪。タクシーなかなか来ない(泣)
血液検査する。
熱あり40.9度(人間でいう37.9度)
甲状腺の数値は1.55→1.25に。数値はT4らしい。
結果のコピーをくれと言ったのにくれなかった。
くれと言った時、先生の微妙な表情の変化は見逃さなかったけど。。。
コピーをわざとくれなかったのと関係があるのか?
単に忘れただけかもしれんが・・・。

白血球数値さらに下がる。
黄疸も昨日の倍。
治療と検査をするには通院では難しいので入院させた方がいいと言われる。
がーーーん!
リンちゃん、入院しました

面会は診察時間内ならOK。
前もって電話が必要。診察室での面会となるため、混んでなければ長時間可能。
夕方に面会に行くことにする。
しかし自分、昨日怪我をしたので病院に行きたかった。
どちらを優先するか悩んだが、自分の病院の午後一の診察が早く終われることを祈って病院に行くことに。
結果、足の小指剥離骨折してた。やっぱりって感じ。

で、病院終わったのが6時前でそれから電話して面会に行った。
雪が雨にかわっていて大変だった。
病院行く時降ってなかったので傘持ってなかったし、大失敗。

面会6時半ごろから7時45分くらいまでさせてくれた。(診察時間は7時まで)
もう待合室は真っ暗だったし、片付けもされてるようだった。
でも面会時間終わりですとも言われず、どうしたらええんやと思った。
リンさんが眠そうになってきたのを機に、面会終了しました。
面会中私は涙涙でつらかった。涙止まらんかってんもん。
面会にはリン君の大好きなクッションといつも食べてるごはん持って行った。
リン君恐がりだからちょっとの物音にびくびくしててかわいそうだった。
20170116RIN1-(1).jpg
20170116RIN1-(2).jpg

1/17(火)
朝から面会に行く!
先生からの説明。
白血球は少し増えた。
黄疸が引かない、倍ある。
熱は40度(37度)、しっこはしたけど、ご飯は食べない。
まだ熱あるからしょうがないね。
でもこのままご飯食べない状態が続くと脂肪肝になる恐れがある。
これは死亡に至る状況になるらしい。
なのでそうなる前に胃チューブの手術が必要になるかもしれない。
ただ手術後24時間はチューブから栄養取れないので、ずっと食べていないうえ
24時間絶食は厳しい状況になってしまうので、できるだけ食べさす方がいい。
強制給餌でもいい。その説明を滾々と・・・。
とりあえず強制給餌できるかやってみようということになり、その場でしてくれた。
食べました。
日中は病院で強制給餌してくださることに。
吐くこともなくちゃんと食べてたらしい。

熱が下がればカリカリでも自分で食べるようになるだろうけど、熱の原因がわからない。
入院中はとにかくガチガチに固まってしまっていて精神上あまり良くない状況である。
熱が下がれば今日の夕方退院させるのがいいとのこと。
状況を夕方6時くらいにお知らせするから退院できるようだったら迎えに来てとのこと。
えー!?
退院できるのはうれしいんだけど今日は仕事が確実に残業になる・・・と思いつつ。
朝の面会には無糖ヨーグルトと猫草を持参。
ヨーグルトは食べなかったけど、猫草は食べてくれたんよね。
どんだけ猫草が好きなんやろか(笑)
昨日持って行ったクッションにずっと乗ってたらしい。
持って行ってよかった。リン君のにおいがプンプンのクッションやし。
20170117-1rin.jpg
20170117-2rin.jpg
20170117-3rin.jpg
↑黄疸?

20170117-5rin.jpg

今日はシステムトラブルで〆ができず定時で帰れることに!
そして、夕方無事退院できる ことがわかり、お迎えに行く。
熱は39.1度(36.1度)まで下がっていた。点滴はしてくれてた。
でもカリカリごはんは食べないので家でも強制給餌することに。
フェロビタⅡ1ml×2本を1日4回、薬Baytril(抗菌剤と聞いてたけど、猫の尿路感染症の治療の薬なんやね。
ノンさんが膀胱炎になった時飲んでた薬やわ、でも、ノンの時は15㎎/日やったけど、
リンのは50㎎の2分の1錠だから、25㎎。量多いね)2分の1錠/日
もちろん自分でカリカリ食べれば問題ないのだが、食べなければ強制給餌。
カラーつけたまま、点滴針刺したまま帰宅。
家の中をちょっとウロウロした。
しっこの色が黄緑…茶のような色。
フェロビタと水も与える。
20170117-6rin.jpg

カラーが引っかかっててトイレがしにくそうだった。
もちろん見てる時は外してあげました。
20170117-7rin.jpg
まだちょっと続きます。
甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(2)
2017/01/21.Sat

リンくん、謎の体調不良治療1

1/7以降忙しくて書けませんでした。
リンくん、いろいろな変化が次々と。正直ボロボロです。
体重がこの1カ月の間に一気に減り、4.1キロしかありません(泣)
備忘録用に箇条書き。

1/6(金)の病院後、ちゃんと薬飲ませてねと言われたので
がんばることを決意。体重4.65キロ(病院)

1/7(土)
薬は2分の1錠/日、体重4.55キロ(家)

1/8(日)
薬は初1錠/日、体重4.55キロ(家)
急にしっこが増える。1日2~3回だったのが7回になった。
様子もおかしい、常に飼い主にうしろ向き。
また顔がむくんできた。

1/9(月)
薬は1錠/日。体重4.45キロ(家)
顔むくんでる、しっこの色が微妙に違う、元気がいまいち。

1/10(火)
薬は2分の1錠/日。体重4.40キロ(家)
あかん、完全顔がむくんでる、右目があきにくそうだし、ゲロもあり。
元気がなくなってきた。食べてるか寝てるかのどっちかのみ。
様子もおかしい。

ここで言う薬=メルカゾール(甲状腺機能亢進症の薬)
→猫寝てばっかり、かゆい・・・っていう症状はある様子。
人間の症状の中にはむくみもあるみたい。猫にもあてはまるのか?


1日2分の1錠から始めたけど、初めに4分の1錠飲ませただけでおかしくなってた。
それを1日1錠にしたからますますおかしくなってきた?
お顔むくんでます。
20170110-1rin.jpg
20170110-2rin.jpg

1/11(水)
これはヤバイと思ったので薬ストップ。体重4.45キロ(家)
耳ブルブルが若干。寒いのにシンクの中に座ってたりした。様子おかしい。
体が熱いのか?目の周りとか、耳付近赤いし。
昨日よりは少し元気が出てきた。起きてウロウロはする。

ココ、ダイニングテーブルの上です。
こんなこと今までしてなかったのに、寝るようになってしまったからこのままにしておいた。
以降時々ココがリンの寝床になってます。
20170111-1rin.jpg
20170111-2rin.jpg
顔はむくんでて、赤くなってる。
20170111-4rin.jpg

1/12(木)
薬ストップ。体重4.55キロ(家)
朝は食欲あり。むくみはひかず、かゆいのかかきむしってて切れてる。
いつもだったらストーブにべったりなのに、涼しいところで寝てる。
20170112-1rin.jpg
右目がひどいね。
20170112-3rin.jpg
耳付け根赤い。
20170112-7rin.jpg
かゆいからかきすぎて切れてる。
20170112-8rin.jpg
腫れてる瞼・・・
20170112-9rin.jpg

1/13(金)
薬ストップ。体重4.50キロ(家)
しっこが急に減った。顔はむくみっぱなし。
足もむくんでる気がする、でかくなってる。
昼間は全くご飯を食べなかった様子。
でも夜にはガッツリ食べたので安心する。

長くなるので続きます・・・
甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(2)
2017/01/07.Sat

リンくん、体調不良

備忘録
リンにいったい何が起こってるの?
1/5(木)
昼間、キャットタワーの上からPCに向けて滝ゲロ・・・した模様。
仕事から帰宅後 片づけに追われる。
その時はリンくんまだ普通だった。
しかし、夜、寝るときに声をかけたらなんか変。
耳をブルブルバタバタ。伏せ耳でおびえた表情。
耳と耳の間が妙に開いています。
rin20160106-1.jpg
ずーーーっとこんな憮然とした表情でした。
rin20160106-2.jpg
猫ベットに入っていたので、そのまま部屋に運びベッドに乗せて隣で寝るも
頻繁にブルブルバタバタ・・・
その時は「寝られへんやんかー」レベルでいつのまにか寝てしまった。
でもやっぱり気になってはいたので翌朝目覚めは早かった。

1/6(金)
リンくん、しきりに首を振って耳をブルブルバタバタ。
しかも耳が伏せるような感じになってて、耳が立っていても間が離れてる。
表情も何かにおびえているよう。目もむくんでいます。
やっぱおかしい、今朝はまた体重が減っていたし、
薬飲ませてるのもあるし、病気なのもあるし、
心配なので9時を待って病院に電話する。
念のため連れてきてくださいってことだった。
飼い主、震えが止まらなかったのでタクシーで行くことに。
キャリーにすんなり入れられたのはやはり弱ってるから?
診察台で見ると、耳も耳周りも真っ赤、口元も赤い。
体重はかると4.65だった。
うちではかったら4.55でびびったんだけど、4.65あってよかった。
でも腰はいつもよりくびれています。
痩せちゃったのは確か・・・。

耳ブルブルは外耳炎?でも中まで見るも、中は大丈夫なので外耳炎ではない。
でも何らかの症状があるから耳ブルブルと伏せ耳をしている。
一応念のため薬はつけてくれた。
いつもは耳を触っても怒らないのに今日は大暴れ。
イヤな感じがあったんだと思われる。

何かのアレルギーの可能性もある。
最近、ごはん変えましたか?と聞かれる。
心当たりないなぁ~。
常に何種類かのご飯をその時々で変えて与えてるから・・・うーーーん。
こんな状態なので変えた意識が全くなかったのだが、
あとから考えると1/2にビスカルキャットを購入して与え始めた。
薬を中に埋めるために・・・。
過去にビスカルキャットは与えていた時期があって、
その後、数年与えていなくて、久しぶりに与えたから、変えたことになるよな・・・。

もしくはブレーバードゥ!?
薬が落ちないようにこれでフタしてます。
順番にどちらかやめて原因を探る必要があるかも。

とりあえず、アレルギーを抑える注射をしてもらった。
薬の副作用ではないのか?とも聞いたけど、全くないとは言い切れないとか。
あまりはっきりとはわかりませんでした。

帰宅後、リンくん、ゲーしてお昼寝。
しばらく様子見てから仕事へ行った・・・。
出勤2時半とかなんて自由な会社なんだ!?(笑)
まあ、帰宅は夜中になりましたが・・・改悪システムのせいで事が全然スムーズに進みませんでした。

帰宅後、様子見るも耳ブルブルはおさまっており、ごはんも食べた。
でも飼い主とは一緒に寝たくないらしいのでそっとしておいた。
注射したので今日は薬お休みにした。
先生にはちゃんと1日1錠与えてとキツク言われました。
1回1錠でもいいし、1回1/4錠を4回でもいい。
とにかく1日1錠だそう・・・。
はーーーい!

病院から帰宅直後の写真。赤い口元。
rin20160106-3.jpg

赤い耳。この付け根も部分も赤かったのを撮りたかったんだけど、触られるのを嫌がるため撮れなかった。
rin20160106-4.jpg

グッタリですわぁ~って表情。
rin20160106-5.jpg

お顔がむくんでるから目は開かないし、離れちゃってます。耳の位置も変です。
rin20160106-6.jpg
毛づくろいがちょっと不十分でモサモサ。

これがいつものリンくん。お目目ぱっちりでシュッとしてる。
rin-Xmas2016.jpg
クリスマス用の写真で撮影したけどアップする間もなくクリスマスが終わってしまったのでイマ!(笑)

1/7(土)
耳の位置が元に戻った!
若干伏せ耳状態の時もあるけど、ブルブルもほぼしないので気持ち悪いのはなくなった様子。
触られるものまだイヤみたいだけど、ちょっとは触らせてくれるようになった。
毛づくろいが激しく、首元(甲状腺のあるところ)をカキカキカキするのが気になるけど。
かゆいのかもしれません。
rin20160107-1.jpg
口はまだ赤いです。
rin20160107-2.jpg
今日は1日1錠の薬は成功!ホッ!
仕事休みの時は根気よく食べさせられるんだけど・・・うーーーん・・・平日はキツイですね。
お顔のむくみはまだちょっと残っていますが、目も開くようになりました。
このまま元気になってくれますように!!!!

甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(8)
2017/01/05.Thu

錠剤投薬の小細工

リンさんにお薬を飲ます・・・最大のミッション。
1日2回、一生・・・なのであまりストレスのかかる方法ではあげたくない。
もちろん、病院で言われたように、無理やり口をこじ開けて、喉の奥に薬を落とし、
飲ませる方法も動画で勉強して試してみたけど、まず・口を開けさすのが困難。
2人がかりでも無理。
2人がかりでとっつかまえて、無理やり口開けさせられてとか、リンにとっても人間にとっても大きなストレス。
これが一生とか無理だし。
おとなしい子なら可能かもしれないけど、咬みつく、蹴る、暴れるちゃんなので、他の方法を模索。
ウエットとか食べる子なら混ぜることも可能なんだろうけど、ウエットは全く食べないのです。
カリカリが好きで、ガリガリガリ・・・と かみ砕かないと気が済まない方なのです。
口に入れる前には必ずにおいも嗅ぐ。
においが気に入らないと食べません。
薬そのままコロッと入れていたらにおいをかいで完全無視されます。

お手上げなんで、まずはフレーバードゥを買って試すも、柔らかいのでダメ。
においもきついので好きじゃないらしい。
時間がかかるけどいろいろ小細工をして試すことにした。

まずは太めのジャーキーの中央を包丁でダイヤカットしてくりぬく。
jaki.jpg
そこに薬を埋め込む。
jaki1.jpg
ジャーキーを出すと飛んでくるので、少しづつちぎってあげるときに
お薬を埋め込んだものを混ぜ込む。
これは成功!
ただ作り置きをしておくとにおいが変わるのか食べないこともあります。
でもあげるときにすぐに作るのも難しく・・・。
失敗して裂けちゃうんです。
なのでよく切れる先のとがった小さな包丁を探し中。
今はよく切れない果物ナイフで作成してる。

続きまして、カリカリになんとか埋め込むことができないか考えてた。
いろいろなものでガリガリ削るも途中で割れてしまってどうしようもない。
なんとか穴をあけることができないか模索。
そこでハンディルーターを使うことを考えた。
ちょっと太めの(1.0㎜)のドリルを装着。
カリカリにドリルを刺して刺して穴をあけて、最後はつまようじで砕けたカリカリの粉をかき出す。
kusuri1.jpg

これはビスカルキャット。粒が大きめで穴が作りやすい。大きな穴ができました。
kusuri2.jpg

お薬を埋め込みます。
kusuri3.jpg

あとはお薬が転げ落ちないようにフレーバードゥでふたをします。
kusuri4.jpg

お薬入りのカリカリ咬んだ時は時々変な表情をしています。
わかっちゃうみたいです。
フレーバードゥのにおいが少しきついのも難点。
お皿に乗せるときにフレーバードゥを塗った側をして下にして、
薬の入ってないご飯も少し乗っけて出してあげてます。
ただすぐ飽きるのか、その日その日でジャーキー、シーバ、ビスカルキャットなど、
いろいろチェンジしてあげないといけない。
少食ゆえ、ちゃんと薬を最後まで食べたか見張る。
とりあえず、今はこの方法で1日1回1/4を2回~3回あげるようにしてます。
病院の言う規定量に達していませんが・・・。

ルーターを使うのは衛生面でどうなのかわかりません。
一応ドリルは毎回洗い、直接カリカリに触れた部分はつまようじで削り取るようにはしています。
ドリルを使ってもカリカリは意外に硬いです。
小細工にも時間がかかりどこまで続けられるかわかりません。
そのうち指に穴をあけてしまいそうです(泣)
他にいい方法がないか引き続き模索・・・。
ちなみにカリカリはビスカルキャットが粒が大きくて作りやすいです!
写真に写ってる焼きミックスもねっちゃりしてて薬埋め込みやすかったんだけど、
ねっちゃり歯にくっつくのがイヤみたいで、くちゃくちゃして吐き出してしまいました。

はじめの頃は朝薬を食べたら、夜ご飯全く食べなくなったり、おかしくなっていたけど、
最近はあまりそういうこともなくなってきました。
少なからず薬の何かが影響してたのかな?
なかなか食べさすのも非常に難しいです。

甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(4)
2017/01/01.Sun

あけましておめでとう

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願します。
20170101-1.jpg
ノンたん

更新率が低いのが常で、もっとまめに更新するのが目標だったのですが
リンの病気が発覚してからはますます書けなくなっちゃってます。
もっぱらの悩みが投薬ですね・・・。
ひっつかまえて、口に放り込む技はむりなので、ごまかしごまかし、どうやって食べさせようか?と日々考え中。
失敗も多く、毎日キチンと飲ませることができていません。
失敗が多いのもあって、体重が減ってはいけないので、チェックするのに
50g単位ではかれる体重計を購入し、毎日体重測定です。
謎なのが今まで使っていた体重計と新しい体重計に200gの差があります
新しい方が200g重いのです。
ガーーーン。
自分の体重をはかる時は古い方で(笑)
また詳しくは順次書いていきたいと思います。

本日は年始の挨拶ってことで、猫&鳥特集です(笑)
要は年賀状用に撮影した写真たちですね!

20170101-2.jpg
ノンたん

20170101-3.jpg
ノンたん

20170101-4.jpg
レンたん

20170101-5.jpg
リンくん

20170101-6.jpg
リンくん

20170101-7.jpg
リンくん

20170101-8.jpg
ノンたん

20170101-9.jpg
ノンたん

20170101-10.jpg
ノンたん

去年もそうだったけど、写真撮影に協力的なのはノンたんですね。
モデル向きです。
おととしまでノラだったのにーーー!愛想のいい子っているもんですね。
一番非協力的なのはレンたん
全く持って無理
リンはかぶりもの系は協力してくれません

わたくし、改悪システムのせいで3日からお仕事です
このシステムになって、毎年正月休みが短くなっています。
ものすごい手間がかかるシステムなんですよ。
こんなシステムにお金払う必要ない
もとのシステムに戻してほしいよーーー(泣)
三が日位休ませろよったく
ただの日常 | Comments(3)
 | HOME |