2016/12/21.Wed

猫の甲状腺機能亢進症

リンの血液検査の結果が出て病院から電話がかかってきた。12/19
リンちゃん、甲状腺機能亢進症だそうです。
以下先生が電話で伝えてくれたものを書き留めたもの。

普通0.3~0.6のところ、1.55あった。
甲状腺が腫れる病気、腫瘍化する場合もあるが
悪性化することは少ない。
この病気は簡単に言うと(甲状腺ホルモンの)代謝が良くなり過ぎて、常に活動状態。
この状態が続くと、ホルモンが出続けてしまい、体力消耗して体がボロボロになる。
なので抑えてあげないといけない。
体重減少はこれが原因。

治療の方法は3択:手術・薬・放射線
手術・・・これは非常に難しい手術になるのでまずは内科的治療から始めましょう。
ホルモン分泌を抑える薬を飲ませます。
治らない病気なので薬は一生です・・・。
1カ月飲ませてみて、体重を測定し、減っていなければその薬。
減っていれば薬のレベルを上げる・・・。
薬は錠剤のみ。

ってことでした。
錠剤をのますなんて、ハードル高すぎる・・・。
うちはウエット食べないので、混ぜてごまかすこともできない。
どーすれば・・・
緑膿菌の薬と併用可。
でも鼻水でなければ飲まさなくてもいいって。
飼い主、ショックでオロオロしてる。

もともと痩せ気味のリンちゃんなので、これ以上痩せたら瞬く間に体力がなくなってしまうから
これからは気を引き締めて、痩せさせないようにしないと・。
ご飯も見直しして・・・いろいろ考えないといけないことが山積みに・・・。
お仕事が結構ハードで残業ありなので考えないとなー
気になってしょうがないし。

この病気のお勉強をしなくてはとネットでチラチラ見てたら
症状の一つとして嘔吐があった。
リンの嘔吐が増えてたのはご飯のせいかと思ったが、これのせいだった可能性もあるね。
メディファスさんのせいにしてごめん!

気になったのが数値。
しっかり聞いてなかったのか、微妙に違う。
何の数値かも聞いていない。
数値のコピーもらうべきだった。
次に行ったときにお願しよう。
病院遠いから簡単に行けないし。

文献いろいろ調べてみたけど、うーーーん。
+++++++++
文献①
猫の安静時のT4の正常値

正常値 0.5-2.0mg/dl
異常値 5.0mg/dl以上
限界値 2.0-5.0mg/dl
++++++++++
文献②
検査機関によって一部基準は異なりますが…正常値は0.2~3.0μg/dLですので、

5.0μg/dL以上で確定診断。

4.0~5.0μg/dLはほぼ診断的ですが他所見と併せて診断。

3.0~4.0g/dLはグレーゾーン。測定し直しor fT4の測定。

3.0μg/dL以下は正常。

こんな感じです。

+++++++++
なんか当てはまらなくて・・・。
セカンドオピニオン聞きに行くべきか悩む。

出された薬・・・
人間用のみたいです。
人でも1日1錠じゃないの?(もう少しよく調べる必要ありなんだが・・・)
なのに猫にも1日1錠ってキツクない?
半分に割って2回に分けるんだけど・・・。
疑問に思うからまだ飲ませていない。
どーしよう・・・・。
メルカゾール
だるさとかのどの痛みとか訴えられへんやん・・・。
まあ、ぐったりしてたら当てはまるんやろうけど・・・。
病気について勉強勉強・・・・
スポンサーサイト
甲状腺機能亢進症・糖尿病 | Comments(5)
 | HOME |