2015/06/11.Thu

DIY保護猫ノンのお部屋制作1

保護当時、ノンたん、ケージからなかなか解放してあげられませんでした。
とりあえず一部屋自由にさせてあげようと考えていたんですが。
彼のいた部屋は2間続きの部屋で、仕切っていない片側のお部屋でした。
しかも物置部屋になっており、ぐちゃぐちゃだったのです。
BEFOREの写真がなくて残念です
反対側は私の趣味のミシン部屋なので、危ないし、
いたずらされても困るのでどうしても仕切りをして解放したかったのです。
そこで思いついたのが突っ張り式のメッシュの仕切り・・・。
なんでメッシュ!?
実はノン側の部屋にはエアコンがついていないのです。
メッシュであれば風も通るしね。
と、簡単に考えていたのですがこれがかなり大変な作業となりました。
まずは部屋の片づけから。

部屋の中には咬まれていいもののみにする。
とりあえず、危険を回避すべく、モノはすべて箱に詰める。
仕切り構図を考える。
必要なものの買い出し、設置。


これをGW中に終えるつもりだったのに、GW後半に風邪をひいてしまい
すべてがストップ。
この風邪がかなりひどいものだったので(1ヶ月以上たった今も
まだ痰が絡み咳が出る)続きがなかなかできなかった。

5/16位よりゲホゲホ言いながらも再開。
作業できるのは土日のみ。
必要なものを買出し、組み立て、ただパーになってる頭では
完成図通りにはいかず、持ち越し。
そして5/24やっと完成。

それがこちら↓
20150611heya1.jpg


突っ張り縦ラインだけでは不安だったので、横にも1本通しています。↓
20150611heya3.jpg

完璧じゃないけど万が一、ノンがメッシュを上り、
外れて倒れても惨事にならないように!!!!
でも、今のところ上ってるのは見たことがありません。

人間の通るドアは中央です。この構図が難しく何度も構想を練り直しました。
本当はメッシュにコロコロキャスターをつけて押すドアにしたかったのですが
うまくいかず、メッシュパネルを数枚連結してブラブラ開くようにして、
マグネットで固定できるようにしました。
20150611heya4.jpg

これは本当は人間側から引くタイプではなく、押すタイプにする予定だった。
ノンがぶつかってきたらパカっと開いたら困るし。
でも初めから突っ張りメッシュをつける向きを間違えてしまっていたので、
また一から付け直すのが大変だったのと、材料が足りなくて、
メッシュを買いなおしたりいろいろあって、こういう形になりました。
一番下の黒メッシュ部分は固定になってるのでノンが押してきても
開かないようになってます。
いちおうブラブラドアはマグネットで止めて、Wクリップでも
止めてあるので簡単には開かないです。


ドアのかわりの部分はメッシュパネルにマグネットをつけて、
突っ張り棒にくっつくようにして固定しています。
20150611heya5.jpg


女の手仕事のため力もなく切り口はガタガタで汚いんですが、
結束バンドが邪魔にならない程度にマグネットを掘ります。
20150611heya6.jpg


メッシュパネルに結束バンドでこのように固定しました。うまい具合に安定しています。
20150611heya7.jpg


メッシュ同士は100均のジョイントを使っています。
(この写真で気づいたけど、これはうまくはまってませんね)
20150611heya8.jpg


固定したいところにはカードリングで止めています。
20150611heya9.jpg


次は使用した材料について書きたいと思います。
スポンサーサイト
DIY | Comments(0)
 | HOME |